*

不妊

エストロゲン

主に卵巣でつくられる、エストロゲン、原材料は脂肪です。 

体に、脂肪が増えれば、増えるだけ、エストロゲンレベルも上がっていきます。 

特に、牛乳、乳製品は、エストロゲンレベルへの影響が、一番大きいのです。 

というのも、牛のミルクは高脂肪(なんとカロリーの51%)食品であるばかりか、 

生まれたての、牛の赤ちゃんを、1年でその体重を、25倍にも大きく成長させるため

の、エストロゲンや、その他の性ホルモン、生物活性ホルモンを大量に含んでいるので

す。牛乳でつくられる成長ホルモンは、私たちの体でつくられる成長ホルモンと、 

まったく同じなので、牛乳を飲む習慣は、人間の体を、ものすごいスピードで発育させ

ますが、一方で、必要以上に成熟を早め、初めて生理になる年齢を低くし、生理痛、子

宮や卵巣のトラブルの原因となっているのです。 

牛乳や乳製品には、エサとともに与えられる、成長ホルモンや、環境汚染物質(農薬、

工場から出るダイオキシンなど)も含まれています。 

これらの化学物質は、「ホルモンかく乱物質」と呼ばれるように、デリケートな女性ホ

ルモンのバランスをかく乱してしまうのです。 

アキュモード式不妊症改善 妊娠術DVDのネタバレはここ


最近の記事