*

釣り

フィッシングのはじめかた!釣りの面白い点とは?

フィッシングは非常に奥が深くて難しいですが、ただ豊富な知識がある誰かがいれば愉快にスタートすることができると思います。

 

ちょっとでも興味のある人は、フィッシング好きの知人を探して始めてみたらいいと思います。

 

 

 

ゴムボートは釣りに足を運ぶ時ちょいちょいお世話になっていてここ最近はフィッシングにはなくてはならない装備の中のひとつになりました。

 

 

 

長い期間使わない場合などは徹底的にメンテをやってください。

 

フィッシングを趣味にすることができて心底良かったと感じています。

 

何かしら自然に触れられる趣味を持っていると休日のリフレッシュが出来る様になり生活が豊かになります。

 

 

いっぱい、釣る秘訣ですが、釣り場を選んだら、撒餌をし、魚を寄せてくるのです。

 

夜釣りの方がナマズなんかの魚も釣れやすいと感じます。

 

 

寝魚お目当てで、堤防を基点として針をたらしてチョンチョンっとアプローチするフィッシングをレクチャーしてもらいました。

 

 

 

社会人になった現在では自由になる時間も減り、休みの日も疲れで足が遠く1シーズンに1、2回の間隔になっています。

 

個人的にこの他に夜釣りに関していい事は釣果なしなケースがありますがスッキリ晴れた日にはすばらしく幻想的な星空を見ることが出来ます。

 

それに加えて、夏の季節の方が、楽に魚を釣ることが出来ると思います。

 

 

近頃メインにルアーフィッシングに注力していますが、年に2~3回サビキ釣りもします。

 

当方の海では、広々海水浴も可能なところでちょっと歩いていくとコンクリートで作り上げられたルートがありそこの海の防波堤で魚釣りをしています。

 

 

 

釣りは、そんなに簡単にはここ以外の所では味わえないスリルがあります。

 

一番初めに購入した釣竿をいまだに、大事に使用しています。

 

10月ぐらいは外の温度が低くかなり肌スースーするのでちょっぴり暑い程度の厚着をする事を推奨します。

 

 

上手く行くとタカベがどんどん釣れたことだってあります。

 

 

全然魚の種類は明るくないのですが、ハヤはいまだに釣った経験がないので、一回は釣ってみたいなと考えています。

 

一番初めのフィッシングで、アイテムは安価なものでフィッシングをしましたが、多量に釣れたので、その後と言うものあんまり、装具は資金をかけなくフィッシングをやっています。

 

 

そしてそれなりのサイズの魚でも問題無く釣れるので悪くはないと思います。

 

これから先、明るい時間のフィッシングにも足を運んでみたいと思索中です。

 

 

ルアーは日本語で言ったら疑似餌という事になりますが、これは本当に幾つもの種類があります。

 

 

良い道具は沢山あり、釣りも奥が深いですが、その都度知識を取り入れて必要なものを揃えて上手くやって行きたいと思いますね。

 

 

ゴムボート 激安