*

エイジングケア化粧品

年の功のエイジングケア化粧品って感じ

新しい卵は割ったときに黄身が盛り上がっていますが、古くなるとだらーんとしています。人間もそうですよね。若いときはぴちぴちしていますが、年齢を重ねると、胸もおしりも二の腕の余分なお肉もだらーんと垂れてきます。エクササイズして重力に逆らおうとしても、なかなか結果が出なかったりします。これが年をとるということでしょうか。お肉はすぐに身になるのに、落ちはしない。でもゆで卵は古いほうが殻が剥きやすいんですよね。だから古いのは古いなりのいいところがあるはずなんです。

 

年の功のエイジングケア化粧品

 

昔は分からなかったことも、経験を重ねると見えてくることがありますしね。大人の言っていたことってこういうことかと、ふとしたときにストンと心に入ってくるんです。伊達に長く生きてるわけじゃないんですよね。親の反対する結婚はするなというのもよく分かります。長く生きてる分、見る目もあるんです。メイクも自分に似合うものが分かってきますよね。数年数十年?試行錯誤した結果です。エイジングケア化粧品も、色々試してなんとなく自分に何が必要か分かってくる頃ではないでしょうか。シワもシミもほうれい線も、あれもこれも欲張りすぎるのもよろしくありませんよね。お金もかかりますしね。